ありのままの現状を記します。

廊下からドアを開けてダイニングを臨む
DSC_3491

電気をつけてもう少し寄る。

DSC_3467

お風呂上がりの濡れたタオルと私のバスローブ代わりのタオルワンピースは一旦ここに干しておいて、翌朝とりこみ洗濯しております。

貼るのを長女に任せたウォールステッカー。
木はまあまあだけどアイビーは確実に貼らないほうがよいなあ。
明日長女に確認して別の場所に移動したいところ。


視線を左へ移すと、キッチン。

DSC_3468

冷蔵庫と食器棚の間が実にごちゃついている。
宙に浮いているヘボい棚みたいなのは、ヘボい主婦の私がヘボい腕で制作した、食パンなどの色柄隠し棚です。
もう少しなんとかならんのかね?とは自分でも薄々勘づいております。


回れ右して、くつろぎソファ。

DSC_3485

電話台が、娘達の絵本置き場になっておる…。
こんなことを書くと無慈悲な母と思われそうですが、私は絵本が嫌いなのです。
色柄にあふれ、大きさもバラバラ…音の出る絵本?電池交換めんどくさ!なのであります。
小児科とかで、情感たっっぷりに大きな声で読み聞かせをしているママを見ると鳥肌が立つ。家でやれ。


最初の記事からダメ母発言に、先を思いやるしかありません。

次は電話台のところに立ってテレビ周辺。

DSC_3479

ここはそこそこきれいです。
テーブルは天板が白でシルバーの脚でしたが、趣味が変わったのでリメイクシートを貼りました。
本当は新しいテーブルが買いたかったけど、今のを捨てる前にお試しで貼ってみたらまあまあしっくりきたのでこのまま使います。


キッチンや冷蔵庫、引き出し内部はまた次回にでも。